お客様の言う通りにしてはいけない!

朝の通勤時から

私の前を選挙カーが走り
とうとう、サロンまで30キロ走行しました。

信号待ちでは
窓から身をのり出した
グリーンのジャンパーの人に手を振られ

その気もないのに
「最後のお願い」に会釈して
複雑な気分で始まった一日でした。。。

人の本音はそう簡単には分かりません。

「白髪染めて、パーマもかけて!!
きつくかけといてね。」

ご年配のお客さんって
こんな注文されることがないですか?

私が独立した28年前は
こんな注文が多かったです。。。

・白髪染めとパーマを両方したい
・毎月きついパーマをかけたい

こんなこと繰り返していたら
毛が傷むし細くなるのに・・・
と思いつつ~
お客さんの注文やし、やっとくか~
位の気持ちで仕事をしていました。

こんなご希望のお客様に限って
毛は細く、傷んでいるし
きつくかけたら、余計やりにくそうなのに・・・

そうは思いながら
お客様の希望通りにするのがプロだ
と思っていたのです。

しかし、案の定
そんな事をしていたらどんどん髪は弱ってきます。

毛染めやパーマをかけすぎると
髪は傷んでくるのです。

それくらいは駆け出しの
美容師でも知っていますよねっ。。。

もちろんですが、私も知っていました。


お客様のご希望通りに・・・⇒バカでした(‘_’)゜

お客様は
パーマをかけすぎて
髪が傷むことを望んではいません。

こんなことは、当たり前ですよねっ・・・

じゃあ、
お客様は何を望んでいたのでしょうか?

お客様の思いは

①白髪はとにかく嫌だから毛染めは外せない
②ボリュームが欲しいからパーマをかけたい
③パーマをきつくかけて、最大のボリュームが欲しい
④仕事上、若く見えたい
⑤ご主人が年下だから、年上に見えるのは嫌
⑥美容院でくつろぐのが゜好きだから毎月パーマをかける
⑦料金の支払いが多いほど私が喜ぶと思っていた
(そんな風に見えたのは、ガツガツしていたんでしょうね(‘_’))

以上が本音

はじめからこれだけ聞き出せていたら
毎月パーマをかける必要はなかったのです。

パーマをかけずに育毛ケアをした方が
よほどボリュームが出せました。

そしてもっと早くに、
お客様に信頼されていたでしょう

髪が傷んでしまってから
恐る恐る聞き出したお客様の本音が
先ほど書いたこと全部です。

本音を引き出すのがどれほど大切か

本音を聞き出せなかったら
お客様も自分も不幸になるのです。

お客様に喜んでもらうためには
カウンセリングは必須のスキルです。

愛される美容師はカウンセラーでなければならないのです

お客様に感動を与え続けるためには
本音を知る必要があります。

その積み重ねで、
お客様は
あなたに会うために来店されるのです。

お客様に喜んでリピートしてもらうには
いつも感動してもらわいないとダメなのです。
終わりなき感動の提供です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お客様の言うとおりにしてはいけない

言葉の裏にある本音を探れ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セミナーDVD先行予約受付中【特別価格】


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あなたがやるべきことを順番にお伝えします。

↓ワンスタ300万/月を目指したい人は↓

美容師カウンセラーになる方法

↓をクリックして登録してください。


   メルマガ登録ボタン

ほとんどのスタイリストは2ヵ月目に120%の売り上げを突破しています!

なぜ2ヵ月で120%売上アップしたのか

具体的で分かりやすい行動目標を週1回お届けします

↓無料メール講座↓